記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

6月の樹木

先月は花が咲いていたものに実がついたり、実がついていたものはより熟してきています。↑ヤマモモ↑ツバキ↑クマシデの実↑トチノキ家で育てていたヤグルマギクから種を取ろうとして、1茎からたくさん取れるのに驚きました。そうでした、キク科は頭状花序でしたね。1つの花に見えるのは実際はたくさんの花の集まりで、管状花それぞれに種が出来る。タンポポが綿毛で飛んでいくのをイメージすると理解しやすいです。花の仕組みや繁殖...

続きを読む

雑記

ヒスイカズラと水を貯める木、形がユニークです    名前を忘れましたが><(稲毛海浜公園、花の美術館温室)↑ゴミグモ巣の中心部に、枯れ葉のくずや昆虫の食べかすなどを集め、その中に身を隠します。生物でないものに擬態して、捕食者にみつかりにくくしています。(写真もごみの裏にゴミグモがいます)↑藤棚のフジ実がよくついていました。フジはマメ科の植物です。 先日「てがたん」に行ってきました。「てがたん」は(我孫子...

続きを読む

6月の生き物たち

雨の季節が迫っていますが、生き物の繁殖活動が続いています。●ツバメの子育てスーパーの出入り口付近です。ツバメは空き家などには巣を作らず、むしろ人通りがある場所を選ぶようです孵化から巣立ちまでは3週間ほど。フクロウより早いですね●セミの幼虫羽化の準備でしょう、もうすぐ騒がしくなりますヤマモモの葉の裏●コシアキトンボこの日は10数匹、緑道の貯水池あたりでみかけました腰あたりの白が目立ちます●カエデ類のプロ...

続きを読む

バラ園と水の道

文京区本郷の給水所公苑バラ園には、子供の遊びまわれる場所も併設されており、賑やかな様子でした。↑神田上水の復元遺跡(バラ園と同じ場所です)公苑は水道局の給水池屋上に造られています。江戸の上水道のしくみを紹介する「東京都水道歴史館」の敷地内で、穴場です。↑水道歴史館内、江戸の長屋の様子の復元。庶民の暮らしと上水のつながりが感じられます。↑川を渡っているのは人ではなく、水道です(ジオラマ)↑設備の改革バラは種...

続きを読む

大正建築家のこころ意気

東京に所用があり、花の名所や史跡に足を伸ばしました。まず、文京区の鳩山会館。建築は鳩山一郎の幼友達、岡田信一郎。一国の総理に恥じないものを、と意気込んで工夫を凝らしたそうですステンドグラスは小川三知による。建物は一九二四(大正十三)年に完成↑エントランス上部↑サンルーム上部↑サンルームから中庭バラも咲いていましたが、見ごろは過ぎていた(5/28)ので、洋館を中心にご紹介しました。戦後政治の舞台、という面と...

続きを読む

プロフィール

しいなたけし

Author:しいなたけし
身近な地域の民俗や生物を
紹介していきます。

読書と園芸が趣味、
図書館で気になることを調べながら
関東平野をうろちょろしています。

FC2チャット

フリーエリア

【追記情報】5・11結縁寺の名前由来「谷津探検だー!」/5・11宝珠院について「手賀沼への道」【誤り】スズラン→ユリ科が正しい「身近な生物と草花」

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。