記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラ園と水の道

IMG_1284_convert_20170529021147.jpg

IMG_1292_convert_20170529021302.jpg

文京区本郷の給水所公苑

IMG_1288_convert_20170529021545.jpg

IMG_1286_convert_20170529021615.jpg

バラ園には、子供の遊びまわれる場所も
併設されており、賑やかな様子でした。

IMG_1300_convert_20170529021654.jpg

↑神田上水の復元遺跡(バラ園と同じ場所です)

IMG_1301_convert_20170529021738.jpg

公苑は水道局の給水池屋上に造られています。

江戸の上水道のしくみを紹介する
「東京都水道歴史館」の敷地内で、穴場です。

IMG_1275_convert_20170529021921.jpg

↑水道歴史館内、江戸の長屋の様子の復元。
庶民の暮らしと上水のつながりが感じられます。

IMG_1270_convert_20170529022038.jpg

↑川を渡っているのは人ではなく、水道です
(ジオラマ)

IMG_1281_convert_20170529022112.jpg

↑設備の改革

IMG_1282_convert_20170529022152.jpg

バラは種類によっては
まだよい状態のものがありました。
バラは写真モデルとしてパワーがありますね。

また、人の暮らしと
水道や河川の管理の関係は
密接ですから、
江戸の治水、とても興味深いです。

駆け足での観覧だったので、
おいおい掘り下げたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

楽しく拝見しております。
綺麗ですね。薔薇は香水にも原材料として出てきます。クレオパトラは薔薇の香油と花びらをお風呂に沢山いれてました。来年こそは見に行きたいです。
上水道は関東平野の傾斜を上手く使ってるよね。江戸の治水は凄いと思う。

Re:

おークレオパトラとは、古い時代からの香水に
江戸の上水道、とても興味深いです。
ブラタモリで関東をまたやって欲しいな~

バラは春と秋の2回花盛りがあり、
5月中旬と10月中旬ころが目安のようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しいなたけし

Author:しいなたけし
身近な地域の民俗や生物を
紹介していきます。

読書と園芸が趣味、
図書館で気になることを調べながら
関東平野をうろちょろしています。

FC2チャット

フリーエリア

【追記情報】5・11結縁寺の名前由来「谷津探検だー!」/5・11宝珠院について「手賀沼への道」【誤り】スズラン→ユリ科が正しい「身近な生物と草花」

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。