記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花咲く房総『八幡神社の獅子舞』

奥の1匹で舞っているのが大獅子、
2匹並んでいる手前が雌獅子、となりが若獅子です。
呼称は千葉県内でも各地区で異なり、
この地区では順にジジ、カカ、セナと呼びます。



IMG_0488_convert_20170419114708.jpg



3匹それぞれ獅子頭の形、角などに違いがあります。
例えば角は雄が2本、雌は1本。
また頭髪は雌は赤布、若獅子は青布など
違いをつける地区もありますが、
ここの物は、みな麻でできた同じものをつけていますね。

このように3匹それぞれが役を演じる
「役舞」と言われる舞が奉納されます。


もう少し引きのアングル↓
IMG_0485a.jpg



奥に見える建物が神様のいるところなので
そちらが正面ですね。
これら2枚の写真は、裏から
舞を見ているアングルです。

ちなみに僕のいた場所には,
地域のおばあちゃんたちが集まっていました。
同じ地区でも久しぶりに会う方もいるようで、
声をかけあっていました。

昔は長男がやってた、大変なのに舞うのは
ご苦労様なことだ、など見学していた僕にも
お話してくれました。


オマケ
やや正面から↓
IMG_0484_convert_20170419114611.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しいなたけし

Author:しいなたけし
身近な地域の民俗や生物を
紹介していきます。

読書と園芸が趣味、
図書館で気になることを調べながら
関東平野をうろちょろしています。

FC2チャット

フリーエリア

【追記情報】5・11結縁寺の名前由来「谷津探検だー!」/5・11宝珠院について「手賀沼への道」【誤り】スズラン→ユリ科が正しい「身近な生物と草花」

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。