記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の樹木

先月は花が咲いていたものに
実がついたり、
実がついていたものは
より熟してきています。

IMG_1545_convert_20170618192940.jpg

↑ヤマモモ

IMG_1575_convert_20170618193025.jpg

↑ツバキ

IMG_1580_convert_20170618193053.jpg

↑クマシデの実

IMG_1594_convert_20170618193216.jpg

↑トチノキ



家で育てていたヤグルマギクから
種を取ろうとして、1茎からたくさん取れるのに
驚きました。

そうでした、
キク科は頭状花序でしたね。
1つの花に見えるのは
実際はたくさんの花の集まりで、
管状花それぞれに種が出来る。

タンポポが綿毛で飛んでいくのを
イメージすると理解しやすいです。



花の仕組みや繁殖の行程を知ると、
同じ花樹でも
季節ごとに発見があるのが楽しいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しいなたけし

Author:しいなたけし
身近な地域の民俗や生物を
紹介していきます。

読書と園芸が趣味、
図書館で気になることを調べながら
関東平野をうろちょろしています。

FC2チャット

フリーエリア

【追記情報】5・11結縁寺の名前由来「谷津探検だー!」/5・11宝珠院について「手賀沼への道」【誤り】スズラン→ユリ科が正しい「身近な生物と草花」

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。