FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つの花から1つの実?

IMG_1741_convert_20181004114757.jpg


ハナミズキの実です。こんなに密集してつくんですね。
あれ、でも花は大きいのが1個ついてただけのような・・・


ひょっとして、1つの花に見えたのは
タンポポのように小花が集まったもの?


調べました

ハナミズキ

中央で10数個集まっている1つ1つが、
それぞれ花としての機能をもっており、
その集まりが全体として1つの花に見えているようです。



なるほど



と思ったそばから
あれ?じゃあこれはどうなってるのかな

kobisi1.jpg

春によく見かける花、こぶしの実です。
これもハナミズキのように小花の集合なのかな、
でも実は小さいものがいっぱいくっついているみたいな
ヘンな形だし・・・



kobusi集合果

コブシの果実の作りは『集合果』と言うそうです。
『1個の花に多数の雌しべがあり、それぞれの子房が果実となって1個にまとまったもの』

ハナミズキの花が、それぞれが1つの雌しべを持った
複数の小花の集まりなのに対し、
コブシの花は、1つの花に多数の雌しべを持っている。
また果実は、ハナミズキが小花それぞれに1つ出来るのに対し、
コブシは1つの花に多数の子房があり、
それが1個のまとまった果実になるのですね。


なるほど
来年はコブシの果実がどうまとまるのか、
観察してみます~


参考:『紅葉と落ち葉』 山と渓谷社/平野隆久・片桐啓子
『写真で見る植物用語』全国農村教育協会/岩瀬徹・大野啓一







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しいなたけし

Author:しいなたけし
・身近な樹木の観察
・気象や天体観測
身近な疑問をマイペースに探求してます


意外な発見にワクワク(*'▽')

FC2チャット

フリーエリア

【追記情報】5・11結縁寺の名前由来「谷津探検だー!」/5・11宝珠院について「手賀沼への道」【誤り】スズラン→ユリ科が正しい「身近な生物と草花」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。