記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ある庚申講の人たち

●木下街道の百庚申について

地域の方の記録を集めた書籍が
ありましたのでそちらから引用します。


〇講の退会などについて
・庚申講退会者は楽待ち講にはいる
 (お伊勢参、奥州3山参り)
・年配(後継者のできるころ)になると退会する
・退会時には塔を洗い、べにがら着色をする
・現在→同年同輩くらいの人たちで旅行会
 月1度(海外旅行もあり)

〇庚申参りについて(年1回)
・東は本郷(旧本郷村、現在の印西市東部)から西は鎌ヶ谷まで、
 2日にわたり80キロの遍路
・いつからかお参りは青年団のみでの行事へ変化
・「お針屋まわし」の別名あり
 嫁入り前の娘達が各地へ修行(和服の仕立てや師匠さんのところ)に
 行っており、その者のところへ寄ってひやかす。


『えいじ遥か』地域の教材を活用する会平成8年8月
p136「庚申講」より
高橋清一さん(文献や聞き書きによる記録か筆者自身の経験かは不明)


IMG_0460_convert_20170515175632.jpg

IMG_0444_convert_20170427135645.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しいなたけし

Author:しいなたけし
身近な地域の民俗や生物を
紹介していきます。

読書と園芸が趣味、
図書館で気になることを調べながら
関東平野をうろちょろしています。

FC2チャット

フリーエリア

【追記情報】5・11結縁寺の名前由来「谷津探検だー!」/5・11宝珠院について「手賀沼への道」【誤り】スズラン→ユリ科が正しい「身近な生物と草花」

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。